その食生活大丈夫?女性ホルモンコントロール対策

美と健康に関与している女性にとって大切な女性ホルモン。
気にはしているけど、食生活から意識していますか?
それでは、簡単なチェックをしてみましょう。
野菜よりお肉を食べる方が多い、忙しいからと言ってコンビニ弁当や菓子パンで食事を済ませてしまう、ジュースや炭酸飲料、缶コーヒーなどをよく飲む、カロリーOFFダイエットが好きでよくやっている、極端なダイエットをすることがある、大豆食品はあまり摂らない、発酵食品は嫌いだ、夜にコーヒー紅茶などカフェインを多く含む食品を摂りがち、朝食は向くことが多い・・・これらが当てはまることが多いほど、女性ホルモンの分泌が妨げられている恐れがあります。これらの食生活はホルモンを作るのに必要なビタミンやミネラルの不足をまねきやすいといわれています。
また、間違った思い込みで、同じ食品ばかりとている人も要注意。栄養の偏りや不足はホルモンの生成を阻害しやすくなります。
まずは、肉や魚など、いろいろな種類の食品を摂ること。
そして、規則正しい食しかつ、朝・昼・晩と3食しっかりと取り入れることが大切です。当たり前かもしれませんが、これがなかなか難しいですよね。
だからと言って、簡単な食事で済ませているだけでは危険。
ホルモンの分泌がされにくくなるだけでなく、バランスも崩れてしまします。
特に朝食をとることは、身体にスイッチを入れ、ホルモンリズムを鶴木出すために大切です。
すこし早起きして朝食を作ったり、夜はなるべく早く寝るなどして食生活を整えることから始めてみるのもおすすめ。
美と健康を保ちましょう。
その食生活大丈夫?女性ホルモンコントロール対策

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です